上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
モロッコに来てから名前が増えました笑

①ファッタイマ
赴任時に泊まってたホテルの食事を作るお姉ちゃんがつけてくれました。
つけてくれたというか、「あなたはファッタイマね!」っと、
名づけられただけですが。。。
イスラム教の指導者モハメッドの娘のファティマという女性に関連した
名前だそう。
魔よけの意味とかあるみたいです。
この名前の人はたくさんいます。
イスラムの世界では、同じ名前の人がたーーっくさんいて、
「どのファッタイマ?モハメッド?」とかになります笑

②エコグラフィー
私の名前を知っている人は、すぐわかると思いますが、
自己紹介をすると、「エコグラフィーと一緒ね!覚えやすい」
と、言ってくれます。
実際働いてても、エコーと短縮されることもあるので、
アラビア語の発音もあって、ついつい振り向いてしまいます笑
日本ではそんなことなかったのにな。

③エット
ベルベル語でこう言うそうです。
モロッコには、アラビア人(約60%)とベルベル人(約40%)が住んでいます。
ベルベル人は昔からモロッコにいる先住民で、田舎や山の中に住んでます。
言葉も文字も違う人たちです。

④インツー
病院にいる中国人の先生と自己紹介をしあった時に、
中国語では私の名前はこう読めるそうです。
先生たちにはこれかな。

⑤前任者の名前
最近少なくなってきましたが、今でも時々間違えて言われます。
まぁいっか、と思って流してますが笑

子どもができた時には、海外の人が呼びやすい名前をつけるべきだなぁ
と海外に出ると思います。
名前一つで色々話題ができておもしろい
スポンサーサイト
2011.09.30 / Top↑
最近ほんとに朝夕が寒いくらいに涼しくなってきました~
今日は昼間の日差しもやわらかくなってきた感じ。
秋になってきたんだなぁ~っと実感してます

滞在許可証の更新にも行ってきました。
もう1か月たっちゃった。

日本を出てちょうど3か月。
協力隊員は任期中5回、活動について報告書を書く義務があります。
その1号報告書も出来上がり~。

ほんとに月日が経つのは早いものです。
気持ちは焦りますが、焦ってもしょうがないんだよなぁと思ってやってます。

今日はカウンターパートが病気ということで、朝来ませんでした。
残念やーと思っていると、会議があるとのことで、呼び出されてます。
来るとホントにしんどそう><
食中毒だそうです。。。 つい2週間位前にもなってたぞ。
こっちの人も食中毒になります!
その状態で彼女約2時間会議。。。
途中で抜け出してきてぐったりして、同僚に連れられ帰宅。
早くよくなってほしいなー!
とっても心配
そしてこれで多分新しい保健センターには今週行けないでしょう。。。

秋になってしまう前に、セタットの中心にあるきれいなモスクとカスバです☆
sP1040064.jpg sP1040220.jpg

暑い夏の日に撮りました。
2011.09.26 / Top↑
先週末は2か月ぶりに首都のラバトに上がってきました!
なぜかというと、首都にある保健省人口局の局長が保健分野のJVと
話をしたいということで表敬訪問に行くため、
モロッコで長年母子専門家として活動されてきた
専門家の方が今月再赴任されてきたので、保健分野のJVと情報交換会があるので、
21年度2次隊の方の帰国報告会と送別会に参加するために上がってきました。
色々内容盛りだくさん!

保健省人口局は、モロッコの母子保健分野を管轄している所だそうで、
私は詳しく言うと保健省人口局に所属していることが初めてわかりました。
ここに専門家の方は所属されています。
局長とお話しを聞いた後、人口局の中を見学しました。
人口局は母子保健の事をぜーんぶしていて、びっくりしたのは、
保健センターとかに張ってあるポスターの編集から印刷・配布、
またDVDの構成・撮影・編集・配布等ぜーんぶしていることが分かりました!
中に印刷工場があってびっくり!
中で全部モロッコの母子保健の事が完結しています!
すごいです!

専門家との情報交換会は、専門家の方からモロッコの母子保健の事を
詳しく聞いたり、質問もできて勉強になりました!

送別会は、今回シニアボランティアの方が多い隊次でした。
10月には23年度2次隊が来ます。
もう私も先輩隊員になっちゃいます。
帰る人もいれば、新しく来る人もいる。
月日が経つのは早いです。
しみじみした気分になりました。
そして2か月ぶりにお酒が飲めて、Je suis très satisfait♡

そして間間では、ラバトでホームステイしている時の帰り道でもあった、
色んな物が売ってあるメディナに行ってお買いもの~
久々に行くと新鮮!
自分的にはここの服は好みの物が色々あるし、雑貨は質が良くて可愛い!!
雑貨好きにとってはたまらない場所
家が決まったので、色々欲しくなってしまいます。
予算オーバーしながら、いっぱい交渉して色々買ってしまいました…
このまま行くと帰国時にはどうなっているのか、心配。

sP1040893.jpg
メディナの中

なんと、おかきが売ってありました!
sP1040868.jpg

湿気てたけど
2011.09.25 / Top↑
今日もいつもの保健センターへ。
新学期が始まったみたいで、助産師学校の学生さんが
いーっぱい来てました。
初めて見る学生さん。初々しい感じ。
モロッコで助産師、看護師になるには、「バカロリア」という
センター試験みたいなのに合格して、それぞれ助産学校・看護学校に3年行ってなるそうです。
助産師は助産師、看護師は看護師の資格しか持たないそう。
今日の学生さんは2年生だって。

今日は母親学級担当のナリマが早く来たと思ったら、咳をしています。
一向に母親学級始めないなと思って聞いたら、
「病気で3日間咳が続いて疲れてる。だから母親学級はやらない」

え、、、それでいいのか。。。

まぁそれがモロッコか、別のとこも担当が休みだからってやらないことあったし、
と思った次の瞬間、

「あなたやりなさい。」

え、、、知ってのとおりまだデリジャで指導無理なんですけど。。。
やし、そんなん私がやっても意味ないやん。。。
そう言うと

「じゃあそこに学生いっぱいいるでしょ。一緒にやって。誰かする人いない?」
え、、、

すると学生さんも手を挙げ、もう一人の看護師さんがあれよあれよという間に準備。。。
仕方ないと思って学生さんといつもの母親学級やってる部屋へ。
事前準備時間一切なし。
一緒に来るかと彼女思いきや来ません。。。
私と数名の学生さんだけで開始。。。
取りあえず話す内容を確認し、学生さんに話をしてもらいます。
意外に話すの上手い!
詳しい話してる内容はわかりませんが、まぁ大体は話していそうな感じ。
けど合ってるのか、違ってるのか分からない。
後話してほしいことを何とか伝え、
絵と人形使って授乳の事説明してもらったり、妊婦体操の説明してもらったり。
お母さんの方から質問もあって、何か答えている様子。
なんとかかんとか終了。。。
けど、何というむちゃぶりでしょう。。。
学生さん放置でいいのか。。。私がいるからいいのか。。。
まぁ開催されなかったよりましかー、と思ってみたり。

その後の健診もいつもの事ですが、ナリマ達は記録するだけ。
今日は、学生さんがすべて健診しています。
チェックもなし。。。
けどちゃんと看護師さん達以上にちゃんと見てるし、妊婦さんへの配慮もしてる。
乳首のチェックして、指導ちゃんとしてるなと思ったら、
ナリマはしなくていいと言ってる位だし。。。
私にも質問してくるし。
全部終わった後話をしていると、どう母親学級したらいい?
って聞いてきてくれるから、何とか説明してわかってくれたよう。
このまま色に染まらずに助産師さんになってくれたら、
とーってもいい看護してくれるだろうな、そうなって欲しいな。
心から思いました。

そういえば先週も産後健診に初めて行ったとき、産後のお母さんに対して、
「授乳方法とか説明して。そこにお母さんいっぱいいるでしょ」
母の手作りベビー人形と乳房模型とかを前日見せたからか。。。
んー、産後健診で何話すか今日見て勉強するつもりだったのに。
こっちの方法知らないとできないし。
中々むちゃぶり増えてきてるような。。。
結局どうしようと考えてたら、家の電気の事で呼び出しがあり、
帰らねばならず話は流れましたが。

いいように考えれば、これから他のできてない所に行くに当たって
練習させてもらえるいい機会ととらえることができる!
そんでその後相談したらいいし!
けど、私がいなかったら今日みたいにしないのかな。
学生さんがいれば彼女達だけなのかな。
色々考えるところはあります。

もっとしゃべれたら、やらない彼女にうまく話をして私が話してほしいこと説明するけど
アラビア語で話してね、一緒にしようってできるのに、それができない。
学生さんとコミュニケーションをちゃんと取ってすることができたかもしれないけど、
ちゃんとしゃべれない。
こういう時すっごくくやしい。
最近伝えたいのに伝えられないという、くやしさを毎日実感してます。
色々話してしたいこといっぱいあるのに。。。
そろそろモロッコに来て3か月。
進歩のない自分がくやしいです。
日々精進するしかないんだろうなぁ。

むちゃぶりな彼女達とどうしていくか。
もっとよくして欲しいし。
中々難しい。。。
2011.09.20 / Top↑
またまた家の事で週の半分が潰れました…
電気・水道の契約・設置の事でカウンターパートを巻き込みゴタゴタと。
3階なのにアリさんが,台所の下の水道栓のホースの横の隙間から大量侵入してきたり。。。
これで、おうちの事に悩まされるのは最後にしてほしいと心から思います。。。

ということで、今週からエアロビ始めました☆
家の前のマンションの一階にテコンドーの絵とヨガの写真が貼ってある
ジムらしきとこがあり、前々からずっと気になってました。、
ヨガやってたらなーと思って開いてないか何度かチャレンジ
してましたが、中々開いてなかったんです。
先週やっと開いてて中に入ったら、入り口に鳥が大量に飼ってあって、
その奥には日本と同じく鏡張りの部屋があり、その横には筋トレする器械が色々おいてあります。
着替えるところにはシャワーも付いてました。
男の子が筋トレしてて、聞くとテコンドーもヨガもやってないけどエアロビはやってるよとのこと。
まあ、ヨガじゃないけどいいか。
曜日と時間を聞いて行ってみると、行く時間が遅かったのもありその日は終わったとこでした。
先生は1児の子持ちの若い先生で、私の家の2つ横のマンションに住んでいるそうです。
優しそうな先生☆
前はテコンドーとかしてたけど、今はしてないそう。

今週1回目ちゃんと時間に行くと、すでに先生は来ています!
けど他の人は来ていません。
今はバカンスだから来てないって。
その後みっちり1時間半マンツーマンでエアロビです。
日本でちゃんとエアロビやったこと無いけど、それよりは楽な内容な気がしますが、
運動の嫌いな私にとって、き、きつい…
でも終わった後には今まで中々運動して感じたことのない爽快感!
いい汗かけました。
これは続けよう~

2回目少し遅れていくと、2人お母さんが来ててすでにやってます!
モロッコ人時間にルーズなのにこの先生は違います!
やはり内容は私にとって、またお肉たっぷりなお母さん達にとってきつい内容。
けど肩こりが最近ひどかったので、それが解消~
すばらしいですね。

週3回、一回約1時間半。
かなり健康になります☆
お腹のお肉も取れるかも。
先生はフラ語があんまりしゃべれない、私もどっちもしゃべれない。
ぼちぼちお互いしゃべれるようにしていこうとも言ってます。
カウンターパートに話すとちょっと興味を持ってくれたよう。
楽しいし、がんばって続けて行こう~っと☆
2011.09.15 / Top↑
私が今行かせてもらってる保健センター、
セタットで一番最初に母親学級が開催されたところで、
毎週火曜日に開催されてます。
産後のは水曜日。明日初めて見ます。
支局にも近く、カウンターパートも一番いいよと言っている所。
勉強するために通わせてもらってます。

担当者は、モロッコ人の強そうなおばちゃん。
何かとおばちゃんに縁がある私。
彼女はナリマと言います。
最初関わりにくいかなぁと思っていたけど、だんだん私の事気に入ってくれたみたい。

ラマダン中はしてなかった妊婦体操。
今週が予定の日だったので、先週、
ラマダン終わったからする?→2回目でしてるよ→一緒にさせてもらっていい?→いいよ
と言ってくれていました。
けどモロッコ、先週言ってたこと覚えてくれている確証はありません。

後、基本ナリマがばーっとしゃべる講義形式の母親学級。
それはそれでお母さんの方からちゃんとレスポンスがあるのでいいかと思っていましたが、
すでに説明用の絵とかあるから使ってほしいなぁ、他に使いたいものあるかなぁとか、
したいことあるかなぁと思って、遠まわしに何かやってて困ってることある?とか聞いてみたら、
お母さんがラマダン後の祭りだから来ない、部屋が狭い等々教えてくれてました。
ちょっと期待してた答えとは違ったけど。。。
妊婦健診やってる部屋と母親学級やってる部屋は別で、母親学級用の部屋は狭いです。
体操するならなんとかしなきゃなぁと一週間考えていて、
妊婦健診の部屋は広いけど、一緒に家族計画用の避妊薬を配ってるので使うのは難しいかな、
部屋の物を外に出そうかなと思ってました。

そしたら今日、案の定遅れてナリマが来ましたが、
来て早々「妊婦健診用の部屋でするよ」と、家族計画の担当の人はいったん休憩?で外に行き、
そっちをもらいに来た人もいったん外に出され、妊婦さんだけ中へ!(それはそれでいいのか??)
ナリマのクラスが開始。
デリジャだけど一回内容教えてもらってるので、なんとなくわかります。
体操するのかなぁ~と聞いてたら、突然私の名前が呼ばれ、何々??
と思ってると、私と一緒に体操するよと妊婦さんに言ってくれてる!
先週やる体操を少し教えてもらってたのを、ナリマと一緒にすることができました!
妊婦さんも笑顔でやってくれています。
寝てする体操は、なんと診察台を使用。
ナリマ自らしています!
なるほどなぁと思いました。
一通りやって他にある?って聞かれたので、
やってない体操をしてみることに。
デリジャがしゃべれないので、態度しかない!と思ってすると、
なんとナリマが説明してくれてるじゃないですか~
めーーっちゃ嬉しい☆

言ってなくても今日体操していたのか、言ったからしてくれたのか、それはわかりません。
部屋もナリマが体操するから考えてくれたのか、体操するときはいつもそうしてるのか、
それはわかりません。部屋の事は明日聞いてみよう。
ただ一緒にできたということが、私がしていいって聞いてたのを覚えてくれてたことが、
初めて活動らしいことができた感じがしてすっごく嬉しいかったです。

その後、今日の昼はここでクスクス食べるから終わったら一緒に食べよう!と言ってくれてました。
これも初めて。ラマダン中はさっさと帰っていました。嬉しい☆
今日の午後は電気の契約にカウンターパートのサラが一緒に行ってくれるといっていたけど、
(相変わらず家の事してますが…、今でもサラは懲りずに手伝ってくれます。ありがたい!)
食べから支局に行けばいいかぁ~と思ってたら、わざわざ迎えに来てくれました。
どうしようと思ってたら、ナリマが私の腕を持ってサラに、何で?どこに行くの?
一緒にクスクス食べるよ!っと言ってくれてます。
結局終わったら戻って一緒に食べることに。
その気持ちが本当に嬉しい☆
結局、行ったら担当者が昼休みみたいでずっと待ってても戻ってこないから、
サラは支局に、私は保健センターに食べに一旦戻ることに。
急いで戻ると、「まぁ私の友達、急いできて疲れたでしょう、食べて食べて」と、
私用のクスクスちゃんといっぱい残しておいてくれてて勧めてくれます!
ジュースまであります。
もう一人妊婦さん担当のザハラも残ってて勧めてくれます。
気持ちがいーっぱい詰まったクスクス。
本当においしかった~。

その後、またサラは契約に付き合ってくれるし。

一日とーっても嬉しくて、幸せな一日でした☆
2011.09.13 / Top↑
今日支局で作業をしていたら、「行くよ!」って言われて
外に連れていかれました。
何があるのかと思ったら、セタットの保健局?の一番トップの人が退職して、
セタット支局の支局長がその後任に昇格して、支局長の後任の人が来るということで、
そのための歓送迎会があるとのことでした。
聞いてないよーということで、支局長さんとは最初に会って以降あまりお話していなかったのに、
一緒に仕事をしないまま、お別れになってしましました。

支局から少し離れた、私の活動先の病院にある講堂みたいなところでまず式典がありました。
sP1040621.jpg
一人ひとり話をされるのですが、なんせほとんどデリジャなので、
全く何を言っているのかはわかりません笑
時々ニュアンスやフラ語が出るのでわかるくらい。

sP1040637.jpg
カーペットとか大きなプレゼントが色んな人からいっぱい渡されて、その都度写真撮影。

その後、簡単な立食パーティです。

sP1040638.jpg sP1040640.jpg

このお菓子、家の近くの美味しいパン屋さんのパンとお菓子です。
初めてお菓子は食べましたが、モロッコにありがちな甘ーいお菓子じゃない!
おいし~☆
後日ご購入することに決定です。
あまったお菓子を沢山お土産にもらいました笑

帰りは車が1台しか無いということで、普通5人乗りの車に
何と運転席に2人、助手席に2人座って更にそこに座ってるCPの膝に私が乗って、
後ろに4人=合計9人乗るという荒業…
モロッコでは捕まらないんですねー、これでも。

中々体験できないことを経験してきました。
2011.09.12 / Top↑
先週の金曜日に初めて病院で活動するようになりました。
保健センターもそうですが、カウンターパートに一回連れて行ってもらって
紹介してもらった後は、次から一人で活動先に行きます。
先週初めて一人で行った時は、ラマダン明けの祭中で人がいないから
無理と追い返されてしまいました・・・。

この病院は、日本とモロッコが共同で建てた病院で、
入り口には日本の援助で建てたという看板が貼ってあります。
なんと月の分娩件数500~600件!!働いてた病院の約10倍。
同期の地域の病院も900件とからしく、あり得ない数です。
ラマダンと夏休み期間中は人がいないということで、産後教室は未開催で来週からの開催だそう。
けど担当の人は一人らしく、また助産学生と一緒にするそうで、毎日はやらないみたい・・・。
モロッコは産後、普通分娩は48時間(2日)で退院です。
なので受けれない人もいるし、ちらっと見た限り産後の担当の人一人だし、
それはどうなのかなぁと思いますが。。。
私が来たからと、この日はわざわざどんなのか見せてやってくれました。

後、ここには中国人の女性の先生が3人帝王切開とかするために働いています。

ここで大きなショックを受ける出来事がありました。
モロッコでは、家で出産する人がいるので、保健センターの母親学級では
健診と施設分娩の重要性を何度も言っています。
そういうこともあり、母親学級の活動に生かすため
モロッコのお産はどんなものかみたいと思い見学をさせてもらいました。
また興味があったのも事実です。

まず分娩室が衝撃的です。真ん中に新生児室があり、
その両サイドに分娩台が4つと3つずつあり間には仕切りがありますが、
入り口には扉もカーテンもなく診察されている様子も、分娩の様子も丸見えです。
配慮ってもんがありません。
しかも家族の付添はだめらしく、一人で出産です。
もちろんドップラー、NSTなし。
たぶんパルトグラムらしきものもちらっと見えたけど、ちゃんと書いてない感じ。

真ん中のベビー室。一つのインファントに裸の赤ちゃんが、2人ずつ寝かされています。
一応ネームタグは片手に一つ付いていますが。。。
インファントは、もちろん温かくありません。
便をしててもそのまま。部屋に色んなものが散らかってるし、汚いです。
産後お母さんは2時間分娩台で過ごすのに、赤ちゃんとは別々。
冷えるくらいならカンガルーケアしたらいいのに。
しかも助産師さんがいつも座っているところからは中がちゃんと見えなくて、
しかも中にはだれもいないし、赤ちゃんほったらかし。
ありえん。

分娩も1件目はたまたま分娩室に行った時に、ちらっとのぞいたら産む直前お母さんがいて
必死の様子で手招きされ、助産師さんもいいって言ったので、手を握って付き添いました。
清潔シーツが引かれてなくて便器が挿してある、っと思ったらその便器がシーツ代わりでそのまま出産!
生まれたベビーは一応隣の台みたいなシーツに寝かされ、
へその緒を切られお母さんに見せた後そのままベビー室へ。
ベビーが寝かされていた下には針付の注射器が置いてある!
また、便器からへその緒の端が、垂れて、床に血がぽたぽた・・・。
胎盤出すときはめーっちゃ子宮底押して引っ張ってるし。
衝撃。。。

その後、私の担当の人の仕事が終わり帰ってしまったので、もう一度分娩室を見学に行きました。
入って助産師さんと話をしていると、 遷延しているお産があるということで
中国人の先生が来て出産が始まりましたが、
先生が注意しても子宮を直接押すクリステレルはするは、麻酔なしでエピを入れるわ・・・。
何とか生まれるも羊混ドロドロ、アプガー最悪。
その後のケアは目に余るものがあり、思わず手が出てしまいましたが、
協力隊員は直接の医療行為はしてはいけません。
それを思い出せないくらい、思わず手が出てしまう位の新生児蘇生もあったもんじゃない処置が行われていました。
書き出すときりがないくらい。
赤ちゃんは何とか生きています。けど・・・。
周りを見渡すと、色んな器具に日本のマークがついています。何もできない日本人がいる。
あの場面で何ができたんでしょう。
中国人の先生も、助産師も「いつもここではこうよ。ここで働くのは難しい」と言います。
私が泣いてると「なんで泣いてるの?」です。
じゃあいつもこうならないために、設備をちゃんと整備すれば?機械直せば?
勉強すれば?喧嘩してないで、座ってないで、ここに来なよ。
一つの命をなんと思ってるの?
赤ちゃん頑張ってるやん!

初めてここに来た自分。
何をどううまく言えばいいのかわからなかった。
何をどうすればいいのかわからなかった。

モロッコになんで協力隊の要請が必要なんだろう、はじめそう思ってました。
けどこういう場面をみて、保健センターとか行って色々見て、
基本の部分ができてないここはまだ途上国なんだと自覚させられました。
モロッコだし、そこまでじゃないだろうと想像してた部分が覆され、ショックを受けています。
色々思うことがあります。
自分の本来の活動も大切だけど、それ以上にここの現状を何とかしないといけないんじゃないのか、
ここで産めって言えないよーっていう現実がありました。
帰る前にああしておけばよかったな、あれを言っておければよかったな等々
無力さを実感。
私はここでは直接は働きません。
けど、見てしまった限りは何とかできることとしたい、というかしなきゃ、そう思います。
自分にできること、考えて行こうと思います。
2011.09.11 / Top↑
ラマダンも明け、町にはレストラン系の店がたくさん開くようになりました。
けどラマダンが明けたらみんなよく働くようになるのかと思っていたら、
仕事ぶりにはさほど変化がないような感じやけど。。。

今日は仕事の事について。

私は月から金曜日まで、支局と保健センター、病院に行って活動しています。
配属されてすぐラマダンがあり、家の事を支局の人に手伝ってもらいながら
ずっとしていたので、落ち着いて?活動できるようになったのはごく最近の事です。
まだまだこれから。
今は活動と言ってもまだまだ言葉も話せないので、支局では資料を読んだり、
作ったり、勉強して、保健センターでは母親学級を見学して、
その後の妊婦健診を一緒にさせてもらってという感じです。
とりあえず資料はいっぱい読んで、地域把握はしてみました。

セタットの保健省に2年を通して協力隊員が入るのは今回が初めてですが、
私が来る8か月前まで短期の協力隊員の方が入っておられ
(一度協力隊員をモロッコの別の地域で経験された方)、
その更に前には専門家の方が入っておられたみたいです。
なので、協力隊でよくありがちな「言葉もしゃべれないのに何しに来たの?」
ということはなく、皆さんよく理解してくださっていて言葉をしゃべれないけど、
色んな所で温かく受け入れてくださっているというありがたい環境で活動を開始させてもらっています。
その分プレッシャーもありますが・・・。

保健局には病院、一般事務、SIAAP(移動診療部)と部門が分かれていて、
私はSIAAPの中の母子保健部門に所属しています。SIAAPは日本でいう、
保健所みたいな感じのところかな。そこに所属しながら、
支局内の保健センターと病院を巡回して母親学級の定着と内容改善に関わっていきます。
同期がいる他の地域では、まだ開催すらされてないという感じですが、
ここでは昨年母親学級開始のためのセミナーがあって、
前任の方が活動をされたので、ほぼ全部の保健センターで昨年から母親学級が開催されています。
でも定期開催をされてるところは半分に満たない状況で、やったりやらなかったりというところが多く、
内容の改善等も色々必要な感じです。
今は定期開催されている保健センター2か所に通って、
どんな感じで母親学級をやっているのか、妊婦健診がどんななとかを見学して、
一緒に健診させてもらってと、勉強しながら慣れさせてもらってる感じかな。

保健センターは、一般診療をする所と、妊婦健診、家族計画、産後健診、乳幼児健診等をやってます。
日本と違って、保健センターは病院みたいな感じで、病院には産みにいくだけで、
産前産後の健診と母親学級はすべて保健センターでやっています。
田舎に行けば分娩施設もついている保健センターもあって、そこですべて完結する場所もあります。
アラビア語で、保健センターの事も病院って言います。

ちなみに、出産前後と家族計画に関する費用はすべて無料です。
 
そうそう、モロッコの母親学級が始まったきっかけは、
モロッコの医師が日本に研修に行った時に日本の母親学級を見て、
モロッコでも始めて妊産婦死亡率の削減につなげよう!っと考えたことがきっかけらしいです。
日本が起源なんですね~。びっくり。
2005年からパイロット的に始まって、その後全土に普及しようと今してるところです。

sP1040620.jpg
右端のが母親学級のガイドで、昨年できたらしく開催方法や内容など詳しく書いてあります。
ちゃんと使ってるとこは少ないみたいですが。
真ん中のが母子手帳で、左端の2つが男の子と女の子の子ども手帳。またこれは後日書きます。
 
sP1040247.jpg sP1040239.jpg

保健センターはこんな感じ。

中はまぁまぁきれいだけど、ゴキちゃんがいたり、医療者の清潔操作や看護だったり、
仕事が終わると終了時間までいることはなくさっさと帰ってしまうとか色々つっこみどころ満載。

妊婦健診の内容は日本とほぼ同じだけど、驚きは子宮底を測るのが膝を曲げてするってこと。
統一してるからいいけど。。尿検査はしないし、1ヶ所は気になる人だけしてる様子だけど、
前はキットすらなかったと言ってました。羞恥心への配慮もなかったりするし。

今はわかんないことも多いし、色んな人と話して仲良くなって、関係を築く段階かなぁと思ってやってます。
言いたいことがあってもグッとこらえて、さりげにちょっと直したり、ゴミ拾いしてみたり。
とりあえず、この前は針箱があるのに普通のゴミ箱に使用済みの注射器と針をぽいぽい捨てるので、
さりげに針箱に捨ててもらうようにできました。
毎日一つ何かできたらいいなぁと思ってやってます。
後はどこでもそうだけど、モロッコ人始業時間に来ることはなく、遅れてくるのが当たり前なので、
日本人として時間をきっちり守ろうって心がけてます。
中にはちゃんと時間に来る人もいますよー、その代り早く帰っちゃいますが。。。

こんな感じで今動いてます。
2011.09.10 / Top↑
先週末同期隊員CとYのいる「ベニメラル」という町に遊びに行ってきました☆
約1ヶ月前に二人がセタットから去っていく姿を見送って以来の再会です!
とーーっても楽しかったぁ☆
久々に日本語をいーっぱいしゃべることもできました☆

セタットからは民間バスに乗って約3時間の場所にあります。
sP1040597.jpg

これがバスの駅です。
見た目立派ですが、電車の駅と違って中はきれいではありませんでした。
民間バスはボロいバスが結構あるし、時間通りに来ないことがあると
聞いていたので、初めて乗るし電車以上にドキドキしながら行きました。
事前に7時発があると聞いていたので、時間に行ってみると「7時か8時かな」
とのこと。
おっと、最初からこれかー。。。
と、ずーっと待って、やっと8時前にチケットが売り出され、そこからさらに
30分待ってやーっとバスが来ました。。。約1時間待ちです。

sP1040388.jpg
比較て綺麗なバスでよかったー。
(この写真はベニメラルで撮った写真なので周りきれいです)
中はほぼ満席。クーラーあるような無いような。
付いたと同時に車内販売もありました。
そこから色々な町に寄りながら、延々と4時間バスに揺られうつらうつらしていると
遠くの方に山が見えてきました。
「山が見えたらベニメラルだよ」と、聞いていたのでやっと到着です!

ベニメラルの街は、アトラス山脈の麓にある緑に抱かれたとってもきれいな街でした!
大きいスーパーが2つもあるし、首都など大きくて古い町にある色々物が雑多に
売ってある土壁に囲まれたメディナという場所まで色々ある古くて大きな街です。
日帰りで入れるプール付のホテルが何個もあるそうです!

待ち合わせのためスーパーに行ってトイレに入ると、出る時鍵が開かない!!
運よく外に人がいて開けてくれたので良かったですが、閉じ込められるとこでした…
友達も同じようなことにあっていたので、モロッコ要注意!

そして待っている間に、なんと12年前にJICAの研修で日本に住んでいたことがあるという
日本語ペラペラのモロッコ人に声をかけられました!
ベニメラルの2人も会ったことがなかったというので驚きです!
すてきな出会いでした☆
この日は、最初から色々ありましたー。

久々の再会はとーっても嬉しいですね☆
もう1人ベニメラルで卓球を教えている先輩隊員とも再会。
みんな元気そうで何よりでした☆

その後はみんなと一緒に山の中にある「オーズードの滝」に行ってきました。
ちなみに地球の歩き方には載っていません。
ベニメラルからタクシーを借り切って片道2時間の場所にありました。

sIMG_5771.jpg

モロッコは「アトラス山脈」という大きな山が、国を東西に分けています。
山に向かってこんな道を走り、落ちるんじゃないかというガードレールもない
山のグネグネ道を走ります。
途中の道では、車同士が正面衝突してるし…
遠くからだと家なんてあるように見えないのに、山肌には土壁でできた
家がたくさん建っていて、人が生活しています。
山を1つ超えると広ーい盆地みたいなところが広がっていて、さらにもう一つ
山を越えた、山を2つ超えた先に滝はありました!

sIMGP1786.jpg sIMG_1744.jpg

じゃ~ん!! 山の中に突如出現☆
めーっちゃでかい!!
すーっごくきれい☆☆☆
国内外の観光客もいっぱい。

sIMG_1763.jpg
虹まで見えます!!

きれいすぎてなんとも言えません。
モロッコに来てよかったーと心から思いました☆

余裕のあるモロッコ旅行に来る際にはぜひともお勧めの場所です☆

帰り道も正面衝突した車の横を通り過ぎながら帰宅。
(タクシーと普通車の衝突でしたが、夜をあそこで越したのでしょうか…)
夜は一緒においしいご飯を食べて、屋上に上がってうっすらと天の川が見える星空を
眺め、流れ星を見てーっと、とってもすてきな夜を過ごしました。

翌日は、街にある「アイナサルドゥーン」という公園へ。
山の上にこんなかわいい「カスバ」というお城あとがあって、そこから
ベニメラルの町を一望できます! 地平線が約180℃見えるんです!
sP1040581.jpg sP1040529.jpg

sP1040545.jpg

下にはこーんなきれいな公園までありました。
sP1040575.jpg
モロッコの人たちも水に足を付けて涼んでいます。

そこで手作りのお弁当を食べ、セタットに帰宅です。
帰りたくなかったー。寂しすぎます。
3人とも本当に楽しい時間をありがとう☆
また来まーす♪

帰りは始発だから行ったらバスはもうきてて、予定時間より少し早く出発。
予定通り3時間で無事セタットに着きました。

長くなりましたが、こんな素敵な休日を過ごしてきました♡
2011.09.07 / Top↑
今日はモロッコに来てから初めて雨がまともにザーっと降りました
道がよくない所が多いから、いたるところで水が溜まり、流れ~、
色んなものが浮いてたり流れてそうで、歩くのがひやひやでした。
午後はすっかり晴れて、涼しくていい天気。
モロッコは冬場には雨が降るそうなので、これから雨が増えてくるのかな。

昨日は月曜日に仮の滞在許可証がGetできたので、カサブランカという
モロッコ第2の商業都市に行ってきました☆
「カサブランカ」という映画があるので、名前を知っている人はいるかな?

この滞在許可証、書類がいっぱいいるしラマダンだし手に入れるのが大変だったんです。
これがないと不法滞在になってしまうので絶対いるんですけど。。、
これがないと原則任地から出たらダメってことで1ヶ月任地外に外出はできませんでした。
「仮」なので、本滞在許可証が出るまで大量の書類を持って毎月更新に行かなければいけません。
何回更新すれば手に入るかなぁ~。

話はそれましたが、初めてモロッコで電車に乗りました!
ドキドキ♡
モロッコの主要都市には鉄道が走っていて、本数も多いしかなり便利です。

sP1040288.jpg
駅ー 初めて中に入りましたがきれいでした☆

sP1040289.jpg
少しぼけてますが、乗った電車はフェズ行きでした。
友達がいるので、そのまま乗っていきたかったー。
切符もスムーズに買えました。

sP1040294.jpg
途上国は電車が時刻通りに来ないことが多いから、どうかなぁ~と思ってたら
ちゃんと時間通りに来ました!
素晴らしい☆
中は6人ずつのコンパートメント形式で、椅子の座り心地もよく、
電車も揺れないし、乗り心地はとてもよかったです。
寝ないようにしながら、揺られること1時間。
時刻通りに到着~

sP1040295.jpg
カサブランカには2つ駅がありますが、一番色々電車が出ている方の駅です。

警察のオッチャンに、バス乗り場を聞きしばらく待ちますが休みなのか全く来ません。
しかたなくタクシーに乗り、中心部へ。
ややぼられたかなぁ。

その後ハッサン2世モスクという、有名なモスクへ。
モロッコ最大のモスクで、20世紀最高の芸術作品のひとつだそうです。

sP1040297.jpg sP1040364.jpg
とっても大きい! 
モロッコの中でも数少ない、非イスラムの人が入っていいモスクです。

sP1040306.jpg
タイルもきれかったです☆

その後色々物があると聞いていたので、街中で買い物~っと思って
町に行きますが、開いていません。。。
ラマダン明けのお祭りの影響です。。。
ウロウロしたけどダメでした。。。
ご飯食べるところも開いていない!
やられた><

お腹が空いたので、仕方なくモロッコで初めてケンタッキーに入りましたが、
スパイスが効きすぎでいまいちでした
ちなみに並びにマクドナルドもありました。
ラバトで食べた味は普通だったなぁ。

セタットに着くと、帰ってきた~という感じで疲れていたので
とっても落ち着きました。
自分の町になってきているんやなぁと感じました。

またお店が開いている日にカサブランカにリベンジです。
2011.09.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。