上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう10月が終わっちゃいます!
モロッコに来て4か月がたち、日本をたって100日以上過ぎました~
季節は夏から秋へ。
季節が変わった途端、体調崩すし。。。
今は回復しましたが。
月日が経つのは早い!
先を見ると長いけど、毎日は日本以上にあっという間に過ぎていく気がする。
こうしてあっという間に日々が過ぎて行ってしまうんだろうなぁ。
何か進歩はあったか、これから何かあるのか、できるのか。。。

明日からもう11月!
予定が色々あるので、年末まで駆け足で過ぎていきそう><
来週は、いよいよライード(羊犠牲祭)!
誰か招待してくれないかなぁー。


先週の巡回診療で行った診療所に来てた子☆
目がクリクリでめーっちゃかわいい☆
sP1050471.jpg
スポンサーサイト
2011.10.31 / Top↑
帰り道、子どもに卵の殻を投げつけられました。。。
当たらなかったけど、初めての事だったので悲しくなりました。
風邪ひきかけみたいで弱っている時だったから余計に。

モロッコでは歩いていると、よく「シノワー・シヌイヤ(中国人)」って言われます。
言われない日の方が少ない。
特にセタットには、中国人の医師団が10人いて、みーんな病院で働いてること
知ってるから余計に言われる。
日本人一人だし。
親しみを込めて言われることもあれば、あきらかにバカにしているみたいに言われたり、
笑われながら言われたり。
モロッコ全域中国人を下に見ている風潮があって、
これはモロッコだけじゃなく、アフリカ圏全域であることみたい。
その一つに、石を投げつけられることもあって、モロッコでも実際石を投げられた人もいるし。
私は卵だったけど、当たったら危ないよね。

元気がある時とか、「私は中国人じゃない。日本人だよー」って言うと、
「おぉ、日本人か!」と一気に親日的に態度が豹変するんです!
その変化は嬉しいし、おもしろいからいいんだけど、
すれ違いざまにぼそっと無表情で「シノワ」って言われたり、
元気がないときとかバカにされて言われる時には、凹みます。

この風潮何とかならんかなぁ。。。
取りあえず今まで通り、セタットでは日本人ってことをアピールするしかないか。
さすがに、もう物は投げつけられたくないなぁ。
2011.10.26 / Top↑
先週末に雨が降り、昨日砂嵐後に雨が降って、町はすっかり秋に変わりました。
寒い!
数日で町の人は夏服から、一気に冬服へ衣替え!
まだ秋なのに。
みーんな寒いって言ってるから、これからの寒さにビビってます。

週末は、同期隊員のいる「フェズ」と先輩隊員のいる「メクネスとアズロー」に!

フェズは世界遺産の町です☆
町の雰囲気は、他の町とまた違ってとーっても落ち着いた感じできれいな町!
sP1050253.jpg
世界遺産とか古い町は、町の中が新市街・旧市街という感じで
昔からある街と新しい街を区別してます。
これは新市街。
モロッコらしからぬ街!

街の中には王様が滞在する王宮があります!
sP1050271.jpg

そしてこれは世界遺産の旧市街のメディナ。
sP1050291.jpg

sP1050311.jpg
他の町のメディナとはまた違って、古ーい雰囲気が醸し出されるメディナでした。

とってもきれいで、欲しいものがいっぱい売ってあるし、
私はとってもこの街が好きになりました☆

メクネスも世界遺産の街☆
今回観光はせずに、先輩宅で訓練所からずっと一緒の同期が久々に揃い、
先輩隊員と楽しい日本食の食事会☆
観光はまた次です☆
メクネスは、メクネスワインの産地でもあります!
イスラム教の国なのに、ワインの産地があるんです。
カサブランカには、カサブランカ産のビールもあります!
飲めない私が飲めるので、とーっても飲みやすいワイン☆
種類も色々!
モロッコにお越しの際にはぜひぜひ飲んでください~
都会ではお酒が買えます。

そしてベニメラルの同期が、寄って帰るということで、
みんなで便乗してアズローへ。
アズローは、グランタクシーで約1時間半の山の中の盆地にある町でした。
山を越えた先に町が見えてくると、着いた~って感じ。
静かで落ち着いた避暑地みたいな町で、ここもとってもきれい☆
山の中なので一足先に寒くなってました。
先輩の家の中には、薪ストーブと薪があって冬はとっても寒いみたい。

アズローに行く途中には、とってもきれいな景色が☆
sP1050339.jpg
モロッコーって感じ☆

同期の一人は旅行で来た職場の先輩とサハラ砂漠に行って、
一晩過ごしてとってもよかったらしい!
こうして観光色々するようになると、モロッコ行きたいとこばっかり☆
行きたいところは全部観光するよ~♪
2011.10.25 / Top↑
今日なんと「5200g」の赤ちゃんが、経腟で生まれました!!

分娩室に行ったらすぐ、お、赤ちゃん生まれたなぁとのぞくと・・・
でかい!!
重い!!
私が見た過去最高は、4992g、だったかなで、もちろん帝王切開だったからびっくり。
経産婦さんで、上の子も4600gを経腟で生んでるってことだけど、
それにしてもどんな骨盤してるの??って感じ。
助産師さん曰く、最高は6000g台をみたことあるらしい。。。
モロッコの人、みんな大きい赤ちゃんを産んでます。
日本と違って体が違うんですね、きっと。
むちむちしててめっちゃかわいい~☆
お乳もめーっちゃ上手にずーっと飲んでました。


病院でまともに活動を始めて1ヶ月位になったけど、
中々ほんとに色々すごくて、考えることばっかり。
まだ1ヶ月しかたってないやんって思うといいのかもだけど、
保健センターだったり、日本と比べちゃったりして、
悩みは色々あって頭フル回転で疲れます。

そんな中、夕方見たことのある妊婦さんが陣痛室に。
行ってる保健センターに通ってた妊婦さんで、何回かあったことのある方でした。
双子ちゃんのお母さん。
なんとなんと私の名前を覚えてくれてるじゃあありませんか!
ここに来て彼女フランス語がしゃべれることがわかりおしゃべりすると、
「あなたはとっても親切(モロッコ人仲良くなるとすぐこう言ってくれますが)。
 私のお産に付き添って。お願い。明日は来る?いつ来るの?」
しまいには、「あなた結婚してるの?私の弟と結婚して、ここにずっといて。」
それは、おいおいですが。
母子手帳を見せてくれて、健診の記録とか嬉しそうに話してくれます。
彼女は母親学級にもちゃんと参加してて、健診もちゃーんと5回も来てくれてます。
家が近くだからもちろんだけど、もちろん病院に産みにもこうして来てくれてる。
すぐ生まれるわけじゃないし、明日も別の所に行くからごめんやけど付き添えないよー
って言うと、すごく悲しそうな顔をしてくれた。
モロッコの妊婦さんにこんなこと言ってもらえるなんて、めっちゃ嬉しい☆★☆
病院勤務も悪くないなぁ~、
保健センターで母親学級するのも働くのもちゃんと意味があるんだなぁ~と、
いつもなら病院終わるとどっと疲れるんだけど、今日はそんなこともなく、
嬉しく思った仕事終わりでした♪
ぜひぜひ元気に産んでほしい、生まれてほしいと、心から願います
2011.10.20 / Top↑
モロッコでなんと「おはぎ」が作れちゃいました!

見た目は良くないけど、味は日本のおはぎ☆
自分でいうのもなんだけど、めーっちゃうまい☆
初めて作ったにしては上出来☆

この前首都に行ったときに、あずきが売ってあるのを発見!
1回目上京した時に見つけたけど、明日買おうと思って翌日お店に行ったら休憩中で買えず、
2回目にようやくGET☆

お向かいの女の子達と職場の人とコンシェルジュさんにおすそ分け☆
女の子はミントティーを3杯もご馳走してくれました笑
私の目の前ではみんな食べてないから、感想が誰かから来るのがドキドキっす。

大満足でした☆

そして、モロッコにもサツマイモが売ってあるの!
一緒にふかしイモにしたら、日本のサツマイモと同じ味☆

おはぎとサツマイモで、異国の地で、日本の秋を感じています~
2011.10.17 / Top↑
今日は休日~
家のお掃除をしました。
なんでわざわざ書くかっていうと、
モロッコの掃除は家の中に水を撒いてするからです!

モロッコの建物は石でできていて、しかも砂が家の中に侵入してくるから、
水を撒いて掃除するのが一般的。
水がきれいに汚れも、砂も洗い流してくれる~
どこの家庭でも、スーパーでも、病院内でも、
バケツに床掃除用の液体洗剤入れて、水入れて、それ撒いてー、
先にスポンジが付いたはけでゴシゴシ磨いて、その後雑巾で床拭いて終了。

結構ざーって掃除できるから気持ちいい。
けど夏場はいいけど、冬場は寒そう。

昼からパソコン使おうと思ったら、なんと停電してる!
うちだけ!?
前も配線の関係で急に使えなくなったことがあったから、今日は休日だしドキドキ。
けど廊下の電気もつかないし、コンシェルジュさんに
聞きに行ったらマンション全部だって。
しかたないから待ちましょう。
暗くなる前に気づいたら復旧してたからよかったー。
山向こうではよくあるらしいけど、ここでまさかあるなんて。
多分今までも、知らない間に停電してるのかもね。
2011.10.15 / Top↑
うちのマンション、なんとコンシェルジュさんがいます!
なんかホテルみたいでかっこいい~

だけどコンシェルジュって「管理人」って意味だから、ただの管理人さん。。。
響きの問題ですね 笑

モロッコのマンション、どのマンションにも大抵入り口に
防犯のためかいつも座ってるおじさん達がいるから、その人達も
そう言えるのかも。

入居当時はいなくって、ある日1階の1室の入り口に
「concierge」ってプレートが貼ってあって、コンシェルジュさんが入居してました。
プレートがわざわざあるから、余計かっこよく聞こえるんやと思う。

先週まで、お母さんとその子どものめっちゃかわいい男の子3人が
コンシェルジュやってて、よく子ども達と遊んでたんです。
けどけど、ある朝仕事に行こうと下に降りたら、違う人が掃除してる!!
変わったんだって。。。
マンションの秘書の人も何で引っ越したか知らないって。
いや、絶対何かあったから引っ越したんでしょ!
仲良くしてたからあいさつもできないまま、お別れになってしまって、とっても悲しかった

新しい人は、女の人2人。
いい人っぽくて、
なんか気に入ってもらったみたいで、仲良くできたらいいなぁという感じです。
2011.10.14 / Top↑
SIAAPの巡回診療にくっついて行ってきました。
モロッコの保健支局にあるSIAAPでは、毎年ラマダン・夏休み期間を除いた年数回、
地方部の医療アクセスが悪い地域とかに、SIAAPのスタッフと各巡回地域の保健センターの
医師と看護師がチームを組んで巡回診療に行くらしいです。

今日はラマダン明けの一回目。
前日突然会議があって、明日行くよって言われて行ってきました。
みんな遠足みたいな感じなのか、とっても楽しそう!
医師3名、看護師3名、事務の人1名、私のチームでした。
今日はもう一つ別の場所でも巡回診療をするらしく、2チームです。
行った場所は、セタットから車で1時間位ののどかな田舎にある保健センターでした。

sP1040163.jpg sP1050157.jpg  
セタットから少し離れるだけで、地平線が見渡せるのどかな風景が広がっています。

着いたらすぐロバさんがお出迎え。
sP1050047.jpg
周辺は、車よりも馬よりもロバが大活躍しているような場所でした。
田舎の最大の交通手段は、ロバです。
ロバに乗って妊婦さん来てます。

sP1050127.jpg
保健センターの前は、こんな感じ。

保健センターには、いーっぱい妊婦さんが来てました。
sP1050049.jpg

今日は妊婦健診の日なので、妊婦健診を実施。
支局と中心部にある保健センターからエコーを2台持ってきて医師2名がエコーして、
別の部屋でそこの保健センター常駐の看護師さんと来たスタッフとで妊健。
薬も無料で必要な人には渡していました。
今日初めて妊健に来た人がいっぱい。色んな週数がいます。
エコー初めて見る妊婦さんもたくさん。
確かにこんな地域に住んでると、妊健に来るのがまず大変!
意識と知識を持ってもらわないと、来ないし出産も家でするよなぁと思ってしまいました。

田舎だから母子手帳を近くで売ってないらしく、みんな持ってないんですねー。
みーんな小さい手帳持ってきてて、それと紙に診察結果を記入。

私はというと、写真係と母親学級してねと。。。
前日そんなようなことを言われていたので、資料は持ってきてました。
やっぱりという感じ。持ってきててよかった。
1人で開催は絶対無理なので、そこの看護師さんと来た医師に無理やり協力をお願いして
資料見せて、これ話して、その後妊婦体操するからって即席で教室実施。
やっぱりこっちの看護師さん話がうまい!
即席でもちゃーんと話してくれます。
何とかなるもんです。
その後、妊婦体操してみました。
みんなやってくれます。
楽しかった~。
終わった後、協力してくれた看護師さんが妊婦体操に興味持ってくれて資料頂戴って!
これは、これからここで説明してくれる機会があるかも~。
看護師さんが母親学級に興味を持ってくれると、継続されるから一番いい!
今日来た妊婦さんも教室受ける機会なんてなかっただろうし、やってよかった~って思いました。
これからも、しゃべれないことを理由にこうしてやって広めていこう~
2011.10.11 / Top↑
病院の陣痛室で働くことになりました。
きっかけは、先週JICAに報告書を出す必要があるから、ボランティアに要望はない?
ってカウンターパートに聞いたら、要望の一つに出てきたからです!
先月のお産を見て以来どうしようか考えていたから、まさに天からの降ってきたような話!
一言も言ってないのに、友達曰くアッラーが見ていたんじゃないかと。

今日がその初日。
モロッコ1期の看護ありません。心音聞きません。
生まれる直前だけパルト書きます。
だから関心持ってくれるとは思えないし、全くどうなるか分からない活動。
自己満足で終わるかもしれない。
やってみなけりゃ分からないってことで、保健センターの活動と産褥病棟の活動に合わせて
活動してみることにしました。
できることから一歩ずつ。

当然師長さんに話は行っていないので、ドキドキしながら自分で言うと、あっさりいいよと。
最低限の言葉を助産師さんに教えてもらって、なんとかかんとかしました。
けど、ホントにこっちの助産師さん忙しいのはわかるけど怖いし、陣痛室来ない。
私に対しては、優しいのに。
患者さんに怒鳴るし、言うこと聞かないと出ていくし、家族の付添いはだめだから
追い出すし。。。
他にも諸々。。。
文化の違い、看護観の違いとか色々あるんだろうな。
まぁ様子見ながらしていきます。
取りあえず、付き添ってて無事生まれたお母さんがすっごく喜んでくれて、
赤ちゃん元気に生まれてきてくれたからよかった。

学生さんが来るようになったからか、新生児室が少しきれいになったのと、
部屋があったかい!あったかいインファントもある。すぐに吸引器が使える!
改めて見回してみると、新生児蘇生のチャートはあるし、母親の緊急時の対応とかの掲示物はある。
日本とは違う。けどそれは当たり前だし、比較するのはよくないなぁと思うようになりました。
様子を見ながら、色々話ができる関係を作りながら、していこうと思います。

そして日本では救えるはずの早産・低出生の赤ちゃんは、ここでは救うのは難しいです。
元気な命もあれば、帰っていく命もある。
今日はそういう場面に立ち会って、また色々考えさせられました。
2011.10.06 / Top↑
母親学級の担当者の看護師さんが休みだったから、
1ヶ月母親学級が開催がなかった保健センター。
今週休みが明けて、その看護師さん帰ってきてました。
母親学級再開です!
多分その看護婦さんの人徳でしょう、いっぱい新規の妊婦さんが
来てました。
いなかった1ヶ月はそんなに来てなかったので。
どこでもその人がいるから来るってあるんですね。

母親学級用の部屋が、産科医の部屋になってて、
廊下が教室に早変わり!
けどけど、ちゃんとセンター長(医師)がTVとビデオと椅子と
妊婦さんが暑いと言ったら扇風機まで用意してくれてる!
なんかすごい!
始まっても、廊下だからざわざわしてるし、
待ってる人が入れ替わり立ち代わり中断するように入ってくるけど、
めげずに大きな声ですっごくいい教室してはる。
すごい!
アシストしてる若い看護師さんは、いっぱい患者がいるのに母親学級するなんて
難しいみたいに私に言ってくるけど。。。
その後も妊健しながら、よくわかんないけど担当の人にぶつぶつ言ってる感じ。
けど、担当の人ははいはいって感じで聞いてる。
遅くとも昼過ぎには妊健終わるのに、若い人にしたら忙しいんだろうな。
担当の人のやる気に感動。

全部終わった後、記録書きながら担当の看護師さんは、
「これは前任の人が持ってきてくれたり、作ってくれたのよ」と、
嬉しそうに前任者の方の資料を見せてくれた。
ここはボランティアが入った後、忙しい中でもちゃんと開催してて、色んな工夫をしてる。
日本のボランティア活動の成果がいかされて継続されてる様子を見て、すっごく感動☆
中々こんなの無い気がするから、とっても素敵だなぁと思って。
そして、
「いつもこんな感じでしてるの。どうだった?何か提案はない?新しいことはない?」
色々聞いてきてくれる。やる気も満載!
十分だし、私にすることはないなぁと思う。
どこでもそうだけど、評価されることはあっても褒められることって仕事であんまりない気がする。
だからとってもいいです、看護師さんの母親学級色んな人に伝えていきたいって事、
データを見せてちゃんと母親学級してくれてるから、
全体の妊健率やが上がって、死亡数が減ってる一つの要因になってるし、
まだ妊健回数は変わってないから続けてね、みたいなことをつたない言葉で伝えてみた。
モチベーションを維持してもらうことも、できる活動の一つかなと思って。
データとか知らなかったみたいで、なんかすっごく喜んでくれた。
このまま続けていってくれて、たくさんのお母さんと赤ちゃんが幸せになってほしいなぁ、
心からそう思います。

そして今日は、ここで初めての出産を見ました!
突っ込みどころはあるけど、病院よりアットホームな雰囲気。
赤ちゃんも元気に生まれてきてくれました☆
sP1040958.jpg


2011.10.05 / Top↑
今日は、モロッコの助産学校の授業見学に行ってきました。
保健センターと病院で、先生と学生さん達と仲良くなったので、
先週授業見学を頼んでみると、あっさりOK!
活動するにあたって、任国の助産学校の授業を見れるなら見ておくべきと、
聞いたことがあったので願ってもないチャンス☆

学校は活動先の病院の敷地内にありました。
めっちゃ近い。
そんな大きくない建物が2つだけど、助産学生と看護学生合わせて約250人いるらしい!
そんで先生は約7名だそう。
午前中は病院や保健センターで実習して、午後は授業というカリキュラム。
1コマ2時間×2コマで14時から18時の授業。
結構きつい感じ。
見学したのは、仲良くしている2年生のクラスでした。

モロッコはアラビア語の国ですが、授業はすべてフランス語!!
保健センターで学生さんから、テストも全部フランス語と聞いていたけど、
さすがに授業はアラビア語でするんだろうと思っていたので、
ぜーんぶフランス語で授業が始まってビックリ!!
当たり前だけど、学生さんちゃんと理解してて、フラ語で受け答えしてて、
すごいなぁと感心。
医療用語難しいのになぁ。
ちなみに、保健省の中で使用される資料類も、ほぼフランス語で書かれています。
2言語理解しなきゃいけない身には、辛いですね。。。

授業は、分娩の経過とCTGの仕組み、胎盤娩出後のケアという内容でした。
なんとなんと、パソコンとプロジェクターがあって、
パワーポイントを使って授業をしています!
うーん、ハイテク。。。
フランス語でバーッと授業が進んでいきますが、
内容はもちろん知ってる内容なので、具体的に分からない部分はあっても
なんとか理解できたかな。
ちゃんとした内容で、ちゃんとした授業。
授業内では、学生さん達が自分たちでパワーポイントで勉強してきた内容を
発表する場面もありました。
実習があるってことで部屋を移動すると、
なんとなんと、めっちゃハイテクな妊婦モデル人形が1体ある!
電源入れると胎児心音が聞こえてきて、ちゃんと動くと自動的に赤ちゃんが出てくる仕組み。
日本の学校でも、こんなん見たこと無いぞ。
まぁ今日は、ちゃんと動かなかったけど。。。来週またねって、先生言ってました。

私が言うのもなんですけど、実習での先生の講義を横で見てたり、今日の授業を
見る限り、ちゃんと先生たち教えてるし、内容もちゃんとしてる。
モロッコは講義中心の授業らしいから、そこが改善点らしいけれど。
助産学校の先生見てて、モロッコ人らしからぬ日本の先生たちと変わらない感じで、
ちゃんとしてるやん、みーんながこんな人たちばっかだったら、
モロッコすっごくよくなるのに、って思っちゃいます。
なんで保健センターも病院も。。。。なんだろう。
ここの色んな問題は、やる気の問題な気が最近すごくしてます。
そこがまだ途上国なんんだろうな。
尊敬できる先生たちなので、学生さん達にはちゃんと見習ってほしいなぁと思います。

今回授業見学して、先々の明るい感じが見えたのでとっても見学てきてよかった
教育ってすっごく大事だなぁと思うので。
先生たちが保健センターで教えたりしてねって言ってくれるので、
何か協力できたらなぁと思います。

久々講義を受けて、しかも頭をフル回転させたので、今日は疲れました。。。
2011.10.03 / Top↑
今日は家のちょっと近くにあるスークに行ってきました。

町中に大小合わせて色々あるけど、
今日の所は町はずれにあって、セタットらしからぬ雰囲気の所。
広い広場で、土ぼこりが舞ってて、
土の上にシートとかテントを広げて色んな物売ってます。

来るのは2回目。
ここで「毎週日曜日、羊を殺すのが見れるよ」っと、
色んな人に聞いてて行ってみたんですが、そんな様子は全くありません。
おじちゃんが、「昨日だったよ」だって。
残念。
また来月、羊を殺してお祝いするお祭りがあるので、
近くになったら再チャレンジしてみようと思います!

雰囲気こんな感じ。
sP1040917.jpg

羊は見れなかったけど、ここではすごいものが見れて、
sP1040919.jpg
いっぱい鶏を売っているんですが、

その前では、鶏の首をプチっとやって、そのまま足を持って頭からお湯に入れて湯がいて、
こんな風に、
sP1040920.jpg

機械でガーッと羽を激しくむしられている光景がいーっぱい見れます!
下に広がる羽の量が、ご愁傷様の鶏の数を物語ります。。。
2011.10.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。