上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いよいよやってきました、ラマダン!
朝2時30分に町中に響き渡るでっかいサイレンで開始~
夜中2時位まで子どもも大人も外でわいわい、
朝はとーーーーっても静か。
今年は7月21日~多分8月20日まで。
昨年以上に暑い気がするので、
1日中飲み食いしないのはきついと思われます。
もちろんラマダン前から、みな働く気もありませんね。。。

今年は20日前後に始まると聞いていましたが、
太陽の関係で月が見えないとかで、
20日の夜中まで20日に始まるのか、
21日に始まるのかわからないという、
なんともインシャッラーな感じでした。
こんな現代社会において、それでいけるというのが、
宗教ってすごいなーと関心させられるところです。
初日が土曜日なので、こちらとしてはよかったなというのが正直な所。
1日のラマダン明けのフトール(朝食)は楽しみだけど、
昼間に飲み食いしにくいというのがきついです。。。
どうなることやら。
1ヶ月無事乗り越えられますよーに。

そしてラマダンに合わせてサマータイムも一旦終了。
これがまたややこしくて、これもまた直前に日にちが決まったのですが、

-7/20からラマダンが終わる直前の8/20まで一旦サマータイムが終了。
時計の針を1時間戻して、日本との時差が8時間から9時間に戻ります。
-そして8/20~9/30までまたサマータイムが再開。
時計の針を1時間進めて、時差が8時間になります。
-そして9月30日?10月1日の夜中にサマータイムが終了し、
いつも通り時計の針を1時間戻して、時差が9時間になります。

なんともはや体内時計が崩れまくりになるんですね。
それに対応できるモロッコ人がある意味すごいです。
これで社会が回るのがすごいです。

サマータイムがあってもお祈りの時間は変わらないので、
サマータイムだとラマダンをするのが大変なので、
サマータイムが一旦終わるのですが、
学校隊員さんの話を聞いてると、
先生たちはお祈りをしないといけないので、
授業時間が結局変わるという非効率な事が起こっているそうです。
はたしてサマータイムをしている意味はあるのかどうか。。。

なんともはや、インシャッラーです。
スポンサーサイト
2012.07.20 / Top↑
1年前自分できるのかな~って思ってた中間報告が終了!
事務所でなんとかかんとか発表できました。
発表下手な私が発表できたのは、
準備から当日の発表までの間ずっと支えてくれた同期がいたから!
緊張してたけど、みんなが一番前に座って聞いててくれて、
パワポの一場面見て次に続く場面を知っててクスって
周りより先に笑ってくれて、一気に緊張の糸が解けて最後まで発表できました。
同期のありがたさを実感した中間報告までの日々。

ほんまにみんなありがと~
23-1のみんなに出逢えて、一緒にここまで来れてほんとによかった
まとまってるけど、なんかバラバラで、それぞれ個性があっておもしろいみんな☆
私は幸せ者です。
残りの1年もよろしくね☆
元気に最後まで一緒に楽しく過ごしましょ~(^^)

そして新隊員さんとかから、私が1年前に言ってた、
「私1年後こんなのできません」
っていうセリフを聞いて、
何か自分も活動できてたのかなぁって時間が経ったのを実感。
何にも大したことできてないし、言葉もダメだし、
まだまだだから、残りの1年大切に頑張んなきゃなって実感。
支局のフラ語の中間発表はまだだから、準備しなきゃ。。。

中間報告後は、医療部会や隊員総会などなどがあってバタバタしてましたが、
みんなと一緒にワイワイ楽しく過ごせたし、
最後取りにくい休みをちょっと取れたので、合わせてプチ旅行にも行けて息抜きしてみました。

その中の一つ「青の町 シェフシャウエン」をご紹介。
よくガイドブック等に載ってるきれいな町。

sP1110089.jpg sP1110091.jpg sP1110104.jpg

こんな感じで、町の中が全部青くてきれい・かわいい!
ラバトのウダヤも青だけどあっちは白と青って感じやから、
ここは青一色でまた違う。

ホテルもリヤドっていう昔のお家を改装したかわいいホテルに泊まってみたり。
sP1110135.jpg sP1100961.jpg

モロッコの中でも北のこの地方でしか見かけない、
この地方のベルベル人が身に着けるかわいい布もたくさんあるし、
ちょっと遠いけどここはお勧め☆
また行ってみたい~

そして1週間ぶりに任地に帰ってきたら、
ありえん感じで暑くなってたけど、やはり落ち着くわが町。
頑張んなきゃ~
2012.07.18 / Top↑
てっきりお葬式かと思っていたら、家の前で結婚式が始まったみたい。
モロッコ、ラマダン前後は結婚式シーズン。
モロッコの結婚式は近所迷惑をかえりみず、夜中まで大音量で騒ぎまくるらしい。
まだ行ったことはない。
あぁ、うるさい。近所でやられた日にゃ寝れないらしい。
今日の夜どうなることやら。。。

気持ちを切り替え、モロッコお酒事情。
イスラム教の国だからてっきりお酒は飲めないものと思われがちですが、
モロッコではお酒が飲めます、買えます!
ゆるーい国だからモロッコ人も飲んでます。
けれどイスラム教の国だから、大きな街以外は外で飲める店はないし、
飲まない人ももちろんいるので堂々とは飲めないけど、
家の中で結構男性飲んでます。
みな男性はお酒をこぞって買っています。

大きなスーパーの中にお酒コーナーがあったり、
結構どの町でもお酒を売っている店はあります。
けれど、法律か何かでお酒の広告をしてはいけないということになっているっぽい。

そしてイスラム教の国ですが、モロッコ産のビールやワインもあります。
カサンブランカというビールやメクネスワインは有名。

sP1100796.jpg
左側飲んだ後ですが、これが私はお気に入り。

メクネスワインは色んな種類があっておいしい。
日本にいる時は飲めなかったけど、
こっちのワインは防腐剤?か何かが入ってないらしくて、
残りにくいし飲みやすい。

ビールは主に3種類位、
銘柄としては「カサブランカ・ハイネケン・speciale」
写真のビールが安いし軽くて飲みやすいのので主に飲みます。

うちの町にもお酒を買える店は1件だけあるけれど、
いつも利用するセタット1番のパン屋さんの目の前、
活動先の1つの保健センターの近く。
知り合いや私を知っている人がいるはずなので(自意識過剰!?)
私は買えません。。。

なので首都や他の街に行った時に買って来たり、
たまにKOICAちゃんに買ってきてもらったりします。
まぁ自分は家ではあまり飲まないんですけど、
誰か来たとき用にね。

そして空瓶・空缶を捨てるのも気を使う。
やっぱりお酒を飲んでるってのがばれると感じが良くない。

中々お酒飲めるけど、任地で飲むのは大変です。
2012.07.07 / Top↑
日本ってグレーブ(ストライキ)ってあるっけ?

日本じゃ公務員はストライキしたらだめやんね。
違ってたらごめんなさい。

けどどっちにしろ日本だったら医療関係でストライキするなんて
まずありえない、
と思う。

けど最近モロッコではとても頻繁にストライキがあります。
公務員のストライキ。
医師、看護師・助産師等々。
色んな組合が、色んな主張をするために。
私たちから見たら、医療職の待遇はいいと思うんだけどな。
日本人の感覚だからかな。

さすがに大きな病院は閉まらないけど、最低限の人しか働きません。
保健センターは閉まっちゃう。

他の州では、毎週のように週2~3日ストライキがあるみたいで、
活動が大変らしい。
患者さんも大変。
うちは最初の頃は全然なかったけど、最近国全体のストライキも多いから、
ちょいちょいあるようになってきた。

その影響で明日・明後日は保健センターが閉まります。。。
せっかく母親学級が変われそうな感じな場所があったのに。
先延ばし…
そこがモロッコか。。。

国が違えば色々違う。


気分を変えて、ベニメラルのプール。
モロッコこんな素敵なプールにも入れます。

sP1100692.jpg
2012.07.03 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。