上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いよいよやってきました、ラマダン!
朝2時30分に町中に響き渡るでっかいサイレンで開始~
夜中2時位まで子どもも大人も外でわいわい、
朝はとーーーーっても静か。
今年は7月21日~多分8月20日まで。
昨年以上に暑い気がするので、
1日中飲み食いしないのはきついと思われます。
もちろんラマダン前から、みな働く気もありませんね。。。

今年は20日前後に始まると聞いていましたが、
太陽の関係で月が見えないとかで、
20日の夜中まで20日に始まるのか、
21日に始まるのかわからないという、
なんともインシャッラーな感じでした。
こんな現代社会において、それでいけるというのが、
宗教ってすごいなーと関心させられるところです。
初日が土曜日なので、こちらとしてはよかったなというのが正直な所。
1日のラマダン明けのフトール(朝食)は楽しみだけど、
昼間に飲み食いしにくいというのがきついです。。。
どうなることやら。
1ヶ月無事乗り越えられますよーに。

そしてラマダンに合わせてサマータイムも一旦終了。
これがまたややこしくて、これもまた直前に日にちが決まったのですが、

-7/20からラマダンが終わる直前の8/20まで一旦サマータイムが終了。
時計の針を1時間戻して、日本との時差が8時間から9時間に戻ります。
-そして8/20~9/30までまたサマータイムが再開。
時計の針を1時間進めて、時差が8時間になります。
-そして9月30日?10月1日の夜中にサマータイムが終了し、
いつも通り時計の針を1時間戻して、時差が9時間になります。

なんともはや体内時計が崩れまくりになるんですね。
それに対応できるモロッコ人がある意味すごいです。
これで社会が回るのがすごいです。

サマータイムがあってもお祈りの時間は変わらないので、
サマータイムだとラマダンをするのが大変なので、
サマータイムが一旦終わるのですが、
学校隊員さんの話を聞いてると、
先生たちはお祈りをしないといけないので、
授業時間が結局変わるという非効率な事が起こっているそうです。
はたしてサマータイムをしている意味はあるのかどうか。。。

なんともはや、インシャッラーです。
スポンサーサイト
2012.07.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2ecoeco.blog31.fc2.com/tb.php/102-14369750

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。