上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
土曜日から途中嵐の日も含め降り続いた雨がようやくやみました。
久しぶりにきれいな青空。
モロッコに来てからこんなに雨が降ったのは初めて。
羊が涙を流してるんだよって言ってる日本人の友達もいました。
去年は雨乞いの儀式があった位だから、モロッコの人にとっては恵みの雨。
しばらく降ったり止んだりってのが続きそう。

雨が上がったのに合わせてか、停滞していた活動が進みそうな予感。

6月からバカンス・ラマダン・ライードと続いたからか、
ずっと活動は停滞してた感じ。
支局の人は『10月になったら色々始めるよ』
そうみな言ってくれてたのに、10月は特に変化なし。
逆に助産師さんの移動があって、
せっかくずっと一緒にやってて頑張ろうってしてた場所が中断してしまったり、
母親学級関係の人に結構きついこと言われて初めて泣いちゃったり、
保健センターでは色々仲良くなったから逆に言いにくくなって言えなくなったり、
逆に言って微妙になっちゃったりと、踏んだり蹴ったりな感じでした。
だから期待しないようにって心を抑えてた。

けどカウンターパートや支局の話を聞いて助けてくれる頼れるオッチャン、
そして新しくSIAAP長になった人は、最近ホントに母親学級の事、
私の事を考えてくれるようになってることが今日分かった。

2年目の活動は〈定着と継続に向けて〉、
①支局の人に一緒に動いてもらう事、動くこと
②フォローアップ研修をすること
〈定着と内容の改善に向けて〉、
③巡回を続けること
これを大きな課題として、中間報告でも支局の人に伝えてる。
ボランティア一人の力じゃどうにもらないことがいっぱいあって、
やっぱり支局の人に入ってもらわないとダメだってことが1年目で分かって。
本来は支局がやるべき仕事を補佐する形の活動なんだけど、
中々やっぱりそうはいかなくて、どうしていいか分からないから一人で突っ走ってきたけど、
それじゃだめだなって思って。

朝一オッチャンと会う事が出来て話をしたら、
オッチャンの方から母親学級について色々話して意見してくれて、
保健センターに電話までかけてくれて!
一緒に周ろうって思ってくれてる思いが伝わってきてすっごく嬉しかった。
彼はいつも朝一番位に来て一番遅くまで働いてて、支局一働き者って思ってる。
みんなからも慕われてる人。だからいつもいーっぱい仕事を抱えててる。
そんな人がいつも時間を割いてくれる。
そんな彼が私の事を働き者だって言ってくれる。
忙しい人だからすぐにはやっぱり動けないだろうけど、そう思ってくれてること、
助けてくれることが本当に嬉しい。
分かってくれる人がいるってホントにホントに嬉しいし、感謝感謝。
元気が出ます。
近いうちに一緒に保健センター周りに外出できるといいな。

カウンターパートとは最近とてもいい関係で、
やる気もあって10月から動こうとしてくれる!
実際に動いてもくれた。
なぜそうなったかわからないけど、ほんとにそう。不思議。
動けないのは、車の問題と彼女が他の人に中々言えないだけ。
だからライード後の休みの後の仕事の初日だったにもかかわらず、
自分の方から『いつ行く?いつ研修する?専門家の人はどういってる?』って聞いてくれた!
こんなの今までなかったよ~
色んな人に繋げて、その後彼女に連絡してもらったり、準備手伝ったり。
やっと今日残り2か所ほんとに母親学級を始めてない保健センターに行ける目途がたった!
ここまで長かったー
けどきっと彼女と行けたらうまいこと行く気がする!
だって実際彼女と行った1か所はとてもうまくいっているから。

そして②の研修は、2年間の活動の最後位にできたらいいなって思ってた。
けど専門家の人がたまたま2回も来て一緒に色々見て下さって、
研修を支援して下さる事になり、カウンターパートや支局長に話を付けて下さった!
カウンターパートもやる気だから、今月末と来月初めに2回コースで開催予定になった!
専門家の方曰く、波に乗ってる時にやるのがいいよって。
だからこの前に書いた未開始の保健センターに開始に行って、
その後研修に呼ぶのがいいってカウンターパートの方が言ってくれたから行けることになった。
うーんすばらしい。夢みたい。
これがセタットの母子保健サービスの向上、お母さんと赤ちゃんのの健康に繋がるはず!

私も分からないから手探りだけど、メインは彼女がやるように仕向けてる。
まずは私が動かないとだめそうなとこは動いて、それ以外は彼女の仕事にしてる。
それは後々のために。
そして今日は、夜久々彼女に家に仲のいい支局の子とお呼ばれに。
一緒に食べさせてもらった、彼女のお母さんお手製のライードのお肉はとてもおいしかった!
あぁ、嬉しい。

③はカウンターパートととの外出と研修が終わってから私が頑張る事。
カウンターパートや支局の人とももちろん行って見れるようにするけど。
支局の人は母親学級だけが仕事じゃないからね。
いい教室が作れるように、私も頑張んなきゃ。

こう書いちゃうとうまく行くのかどうかやっぱり不安になってくるけれど、
書いて誰かに聞いてもらうと、うまく行くことが多いから、ブログに書きました。
誰かに言っておくと実現するはずだから!
きっとこれからちょっとずつ進むはず!

まぁ色々あるけど、
改めてこの1年でうまく行ってる、行ってないに関わらず、
県内ほぼすべての保健センターの人はみんな私の事を知ってくれるようになった。
『どこ行ってた?なんで来ない?いつ来る?』
み~んな聞いてくれる。行ったら温かく迎えてくれる。
最初はあんなに辛かった病院は、今は絶対週1回は行って教室に参加したい場所になった。
一緒に再開した教室を作った助産師さんは私の事を兄弟だって言ってくれて、
今まで中断はあるにしろ彼女は頑張って続けてくれて、
最近は自分で『昨日はいい教室が出来たよ。聞いて。』って、楽しくしてくれてる。
他にも諸々自分で感じることのできるいいこと、素敵な事はいっぱい。

明るく楽しく、感謝の気持ちで日々活動しようと改めて思った1日でした。
スポンサーサイト
2012.11.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2ecoeco.blog31.fc2.com/tb.php/110-c48a479f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。