上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私が今行かせてもらってる保健センター、
セタットで一番最初に母親学級が開催されたところで、
毎週火曜日に開催されてます。
産後のは水曜日。明日初めて見ます。
支局にも近く、カウンターパートも一番いいよと言っている所。
勉強するために通わせてもらってます。

担当者は、モロッコ人の強そうなおばちゃん。
何かとおばちゃんに縁がある私。
彼女はナリマと言います。
最初関わりにくいかなぁと思っていたけど、だんだん私の事気に入ってくれたみたい。

ラマダン中はしてなかった妊婦体操。
今週が予定の日だったので、先週、
ラマダン終わったからする?→2回目でしてるよ→一緒にさせてもらっていい?→いいよ
と言ってくれていました。
けどモロッコ、先週言ってたこと覚えてくれている確証はありません。

後、基本ナリマがばーっとしゃべる講義形式の母親学級。
それはそれでお母さんの方からちゃんとレスポンスがあるのでいいかと思っていましたが、
すでに説明用の絵とかあるから使ってほしいなぁ、他に使いたいものあるかなぁとか、
したいことあるかなぁと思って、遠まわしに何かやってて困ってることある?とか聞いてみたら、
お母さんがラマダン後の祭りだから来ない、部屋が狭い等々教えてくれてました。
ちょっと期待してた答えとは違ったけど。。。
妊婦健診やってる部屋と母親学級やってる部屋は別で、母親学級用の部屋は狭いです。
体操するならなんとかしなきゃなぁと一週間考えていて、
妊婦健診の部屋は広いけど、一緒に家族計画用の避妊薬を配ってるので使うのは難しいかな、
部屋の物を外に出そうかなと思ってました。

そしたら今日、案の定遅れてナリマが来ましたが、
来て早々「妊婦健診用の部屋でするよ」と、家族計画の担当の人はいったん休憩?で外に行き、
そっちをもらいに来た人もいったん外に出され、妊婦さんだけ中へ!(それはそれでいいのか??)
ナリマのクラスが開始。
デリジャだけど一回内容教えてもらってるので、なんとなくわかります。
体操するのかなぁ~と聞いてたら、突然私の名前が呼ばれ、何々??
と思ってると、私と一緒に体操するよと妊婦さんに言ってくれてる!
先週やる体操を少し教えてもらってたのを、ナリマと一緒にすることができました!
妊婦さんも笑顔でやってくれています。
寝てする体操は、なんと診察台を使用。
ナリマ自らしています!
なるほどなぁと思いました。
一通りやって他にある?って聞かれたので、
やってない体操をしてみることに。
デリジャがしゃべれないので、態度しかない!と思ってすると、
なんとナリマが説明してくれてるじゃないですか~
めーーっちゃ嬉しい☆

言ってなくても今日体操していたのか、言ったからしてくれたのか、それはわかりません。
部屋もナリマが体操するから考えてくれたのか、体操するときはいつもそうしてるのか、
それはわかりません。部屋の事は明日聞いてみよう。
ただ一緒にできたということが、私がしていいって聞いてたのを覚えてくれてたことが、
初めて活動らしいことができた感じがしてすっごく嬉しいかったです。

その後、今日の昼はここでクスクス食べるから終わったら一緒に食べよう!と言ってくれてました。
これも初めて。ラマダン中はさっさと帰っていました。嬉しい☆
今日の午後は電気の契約にカウンターパートのサラが一緒に行ってくれるといっていたけど、
(相変わらず家の事してますが…、今でもサラは懲りずに手伝ってくれます。ありがたい!)
食べから支局に行けばいいかぁ~と思ってたら、わざわざ迎えに来てくれました。
どうしようと思ってたら、ナリマが私の腕を持ってサラに、何で?どこに行くの?
一緒にクスクス食べるよ!っと言ってくれてます。
結局終わったら戻って一緒に食べることに。
その気持ちが本当に嬉しい☆
結局、行ったら担当者が昼休みみたいでずっと待ってても戻ってこないから、
サラは支局に、私は保健センターに食べに一旦戻ることに。
急いで戻ると、「まぁ私の友達、急いできて疲れたでしょう、食べて食べて」と、
私用のクスクスちゃんといっぱい残しておいてくれてて勧めてくれます!
ジュースまであります。
もう一人妊婦さん担当のザハラも残ってて勧めてくれます。
気持ちがいーっぱい詰まったクスクス。
本当においしかった~。

その後、またサラは契約に付き合ってくれるし。

一日とーっても嬉しくて、幸せな一日でした☆
スポンサーサイト
2011.09.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2ecoeco.blog31.fc2.com/tb.php/41-829bab31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。