上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ライード アドハ-(羊犠牲祭)2日目。
この日の朝は、朝から羊のお肉の部分をブロシェット(串焼き)にして食べるんだそうです。
sP1050778.jpg
起きぬけそうそう、朝から羊のお肉三昧。
クリクリ(食べろ食べろ)です。
おいしいんだけど。。。 けど意外に食べれるものです。
合わせてあまーいアチャイ。
2種類あってどちらも甘いんだけど、一つはお肉をたくさん食べるから
胃に優しいお茶らしく、味が違いました。

朝食の後女性陣は、一日かけて羊の解体です。
部分ごとに後日食べやすいように切っていきます。
これが羊3頭分だと大変。
sP1050818.jpg
これでもまだ一部。
脂身系は、香辛料をかけて保存。
内臓はきれいに洗って、一部は香辛料を付けてこんな風に干します。
sP1050819.jpg
内臓が洗濯物干しに、洗濯物みたいに干されるなんて。。。
干したらうまみが増すのだそう。

切った後は袋にそれぞれ入れて、冷凍庫と冷蔵庫に保存してちょっとずつ食べるんだそう。

お昼ご飯は、羊の頭の肉入りのクスクスを食べました。
最初知らずに食べてたけど、おいしいかったです。
モロッコの人は、羊の頭がおいしいから好きなんだって。

そして外に散歩に行くと、羊の毛皮が山積み!
sP1050808.jpg
きれいに洗って絨毯になるんだって。

一通り終わると日が暮れちゃいました。

明日が仕事だから今日は帰るねって言うと、
「何で帰るの?このまま泊まっていけばいいじゃない。」って引き止められて、
結局夕食を食べておいとますることに。
sP1050828.jpg
名前は忘れたけど、羊肉とプレーンのタジンです。
この2日間で、もう無理ってくらい羊を頂きました。
帰る時にはお土産まで。
当分お肉はいりません。。。

「あなたは私の娘と一緒よ。みんなあなたの事好きだからね。みんなあなたの家族だからね。
 次はいつ来るの?明日は?いつでもいらっしゃい。じゃあ来週の金曜日にまたクスクス一緒に食べて
 ここでお泊りね。等々」
なーんて優しいことを言ってくれるんでしょう。
遠い日本から来た言葉もよくしゃべれず理解できないよくわからない日本人なはずなのに、
看護師さんと娘さん一人以外は初めて会ったばっかりなのに、こーんなこと言ってくれるなんて。
イスラム教の大切な儀式に招いてくれて、こんな優しい言葉をかけてくれるなんて。
みんなほんまに優しい。
この2日間はモロッコの人の優しさに触れたライードでした。
ありがとうございました☆


sP1050676.jpg
スポンサーサイト
2011.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2ecoeco.blog31.fc2.com/tb.php/61-f46d21f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。