上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
嬉しいことが続きます☆

苦節約5か月、やっと病院で母親学級が毎日開催されるようになりました泣

前回日本大使・JICAモロッコの所長さん・専門家の方が来てくれたと書きましたが、
その影響か今週から毎日開催されるようになりました!
偉い人達すごい!来てくれて心からありがとうございますです。

日本にも行ったことがある助産師さんが病気でお産を取れなくなったため、
その人を母親学級担当に充ててくれることになったのです。
担当の人の体の事を思うと心から喜ぶことはできませんが。
その人はとってもやる気があって、母親学級の事をとってもいいって言ってくれてます。
初めてするってことで、開始前に学生さんや私に話を聞いたり、
私が持って行った母親学級のガイドや教材とかすべて読んでくれたり、
一緒に記録簿を作り直したり。
私が提案してみることは、全部いいねって言って話聞いてくれます。
楽しい!

先週いつも通りホントに重い体を引きずっていつも行く日に病院に行ったら、
学生さんが母親学級するか確認した後、
いつも通り特に大きくすることなくて、ちょいちょい色々見たりついて行ってたら、
突然途中で元母親学級担当の看護師さんに、
「さっきあそこにいた彼女が母親学級毎日するから」って言われて分かりました。
私が来るのを待ってくれてた?みたいで。
一瞬訳が分からなくて、そしたらすぐ師長さんにも同じことを言われ、
師長さん直々に「毎日するから色々彼女を手伝ってほしい。教材とか内容とか教えてほしい」
って言ってもらもしました!
あの師長さんにそんなこと言ってもらえるなんて。

師長さんいい人なんだけど、見た目怖くって、ちゃんと話せないと聞いてくれない感じがしてて、
全然今まで自分からまともに話せたこと無かったんです。
向こうから話してくれることもなかったし。
けど、日本大使が来る関係で色々お使いを頼まれてたのを頼みに行ったりして
話さざるおえなかったのをきっかけに、私の心の壁も取れたのか話せるようになったんです。
向こうからも前以上に柔らかい笑顔で話してくれて、話も聞いてくれるようになった気もします。
偉い人来るのすばらしい!

ちょうどこの日は、状況が変わらないと思ってたから、改善の一つとして、
産褥病棟のロビーにあるTVとDVDで、保健省とJICAが作ったDVDを毎日流してくれるよう
提案しようと文章作って持って行ってた日で、それを言うのにドキドキもしてたから、余計に嬉しかった。
結局これは、「全員受けれるように1日3回するから無しね」ってなったけど、
提案したからこう言ってくれたから準備してってよかった。
あ、産後の教室やってたと言っても全員対象ではないんです。
まぁ、全員受ける必要はないですが。

この日はたまたまカウンターパーも久々病院に来てくれて、
新担当の人に話もしてくれて、よりスムーズ。

母親学級の事だけじゃないけど、病院行くのが辛かったりしたけど、
頑張って行って色んな人と関係作っててよかったなぁと思いました。
今はいつ行けるか考える位にここ数日なりました。
今日午後行ったらさっそく午前中やっててくれて、今度一緒にやろうねって言ってくれて、
病院の活動が楽しみになりました。

そうなると色々したくって、考えてたアイディアが出てきます。
やれることになると頑張れますよね。

これが母親学級の部屋
sP1050515.jpg
ちゃんと部屋があるんです!けど部屋もあって、TVもDVDもあって、いくつか教材もあるのに
ほぼ使われてなかった部屋です。いつも眺めてるだけで悲しかった~
これからどうなるかなぁ~ 今日は部屋の掃除をしててくれました。

この部屋をかわいく楽しいクラスができるように飾りたいと思ってます。
なので幼児教育隊員さんに資料をもらう予定なので、先々変えます。

教材も持っていくけど、一つに授乳クッションを取り入れようと思ってて、
他の隊員さんがすでに自分で作って、お母さん用の説明まで作ってたので、
そのアイディアを拝借しました。
今日自分で布買って作る予定が、専門家の方に「カバー付きを」と提案を受け、
苦手な私、悩みながら布探しに出たら、いいのが無くて最後にたどりついた
以前ベットカバーを作ってもらったちょっと顔見知りのカーテン屋さん?
にダメ元聞いてみたら、なんと作ってくれるとのこと!!
ラッキ~☆ お金も妥当な気がしたし速攻1個注文。
うまく作り方が伝わってて、いいのができたらいいなぁ~
出来上がり予定の土曜日が楽しみです。

そして分娩室。
助産師さんが忙しいのがベースにあって、意識の違いや考え方、働き方の違いとか
あるから日本でいう1期の看護が相変わらずずありません。
もちろん少しはする人いるんですよ。
学生さん自体、分娩がないとなんとなんと患者さんそっちのけで話したりしてます。
以前学生さんに聞いてみたらあるよと言われましたが…
私の言葉が拙いのもあるし、保健センターの母親学級で分娩について話している
所は見たこと無くて、何かできないかなぁと思ってて、ずっと考えてたアイディアを
今日取り入れてもらえました。

sP1080563.jpg sP1080571.jpg
陣痛室の入口に、友達の教材を参考にしたりして書いた、
分娩経過の絵とかを貼ってみました。
助産師さん達もかわいいって言ってくれてます。
高いとこに貼ってて見にくいと思われるかもだけど、低いとこに貼ってたら、
師長さんから「来た人が剥がすから、上の方に貼る、もしくは分娩室に貼る」
って言われて、分娩室じゃ意味ないからゆずってこうなりました。
貼ってみるとなんか想像してたのとやや違うから、絵を加えたり改善しようと思います。
なんかいいアイディアあったらください。
いない時に剥がれた時用に、剥がれたら貼ってって、看護助手のおばちゃんにテープ渡してきました。
どうなるかこれも楽しみ。

おかげで体も動くようになってきたし、後は手の皮がぼろぼろに剥けたのが治れば、
バンバンザイです☆

自分の誕生日前後でいいこと続いてるので、今年もいい歳になりそうだぁ~
スポンサーサイト
2012.02.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://2ecoeco.blog31.fc2.com/tb.php/81-b1717efc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。